スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力に電話して 原子力発電所 (今までは原発という表記でしたが改めます)

世界情勢となりました、原子力発電所について、詳しく聞きました。

原子力発電所で東京電力が電気を発電できるのは、
新潟の柏崎刈羽原子力発電所 7基 うち4基が稼動 稼動していないもののなかにびりょうなものは検出されている
福島第一原子力発電所 6基 3月11日から全て停止 世界情勢にかかわる作業中
福島第二原子力発電所 4基 3月11日から全て停止 

ということで、3分の2を失っていることになります。

落ち着いて見ると、どれほどの電力供給を失っているかがわかります。

その上で、東北電力の被災地をはじめとした支えをすることになります。

ふく・たま



スポンサーサイト

赤い線で訂正入り。原発の水の穴がふさがらず 作戦がないように感じます 危機です

原子力発電所(原発)は今では世界的問題です。

その原子力発電所(原発)の放射能に汚染された水が穴から海に流れ出ている可能性があるというニュースがありました。
その次の日のニュースで、コンクリートを流して穴をふさぐのに失敗しましたとニュースになりました。

どうも作戦をきちんと立てていないように思われます。

今は、作戦を立てようという姿勢が世界的にあると思います。2011年4月18日。
もっとよくなるといいと思います。


東京電力には、今は人の意見を聞く余裕を持っていないという考えを持つ家族もいます。だからその家族はブログも書かないというのです。私はブログを書くことで、みんなが同じ原発の問題について意見を出していったら、きっと日本はいい方向へいくと思って書いています。

原子力発電所(原発)で一体どういう体制で指揮を執って原発問題に取り組んでいるのか、という新たな問題があらわになりました。と、書きました。何かをどうにかしたくて大きくからぶりしているように思います。記事にしただけ頑張ったとします。
ふく・たま

赤で加筆しました。原発の水は津波の可能性が出てきたというYahoo!ニュースを見つけました 1つ前の記事に関連して

文字色昨夜書いた原子力発電所(原発)に関する思ったことに関して(私の考えを)(立証する)ニュースをケータイのYahoo!ニュースで見つけたので下に引用をしてみたので、よろしければ見てみてください。ふく・たまが原子力発電所について考えてもんもんとしたことを文章にした記事です。(引用します。)

┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷

Yahoo!ニュース

東北地方太平洋沖地震
1号機トンネル浸水は津波か=放射能、建屋より低く―東電

時事通信 [3/30 12:46]
東京電力は30日、福島第1原発1号機のタービン建屋から海岸方向に延びる地下トンネルで29日午前8時25分に採取された海水に含まれる放射性ヨウ素131が、1立方センチ当たり5.4ベクレルだったと発表した。同建屋地下たまり水で26日に検出された同15万ベクレルより大幅に低い。東電は1号機トンネル内の水は建屋から漏出した可能性が小さく、津波で入ったと考えられるとしている。
著作権
(C)時事通信社
(C)Yahoo Japan

1号機トンネル浸水は津波か=放射能、建屋より低く― Yahoo!
http://news.mobile.yahoo.co.jp/news/view/20110330-00000066-jij-soci.html

┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷

これらを引用しました。日々変わっていく生活を追っていくのに精一杯の中で書きました。2011年4月18日、大幅に訂正を入れました。原文はかぎかっこに入れて残してあります。(以上です。)
津波の可能性が高いというふく・たまの意見は、1つ前に書いてあります。(もしよろしければ見てみてください。ちょっとだめであったように思います。)ふく・たま

赤で訂正しています。原発うまくいってほしいです 気になる水は・・・津波か?否か?

福島の原子力発電所(原発)についてのニュースは毎日のように入ってきていますが、記事にすることはずっと出来なかったです。記事にできたことはよいとします。2011年4月18日今日、海の近くにあるところに水がたまっているということがテレビで放送されました。それらの水には放射能が含まれている可能性も示されました。

それらの水がどこからそこに来たのかということが話題に入っていました。

以下自分が思ったことを書きました。あの水は、
あのすごい津波のときに入った水ではないのでしょうか?
とまず浮かびました。あくまでも私が浮かんだ考えです。ふく・たまの考えです。

もし、津波の時の海水であったら、あれ以上水が増える恐れがないということになるのではないかと思いました。
あくまでも私の推測です。
ここまで自分の推論を書いたことになります。原発では命をかけて働いている方々がいるので、まずは津波の時の海水として判断をしたら状態が進むのではないかと思います。

この先、今あるところから、10センチなり、1メートルなり増えるとしたらそれは地下水の可能性もあるわけですが、もしも増えないなら津波の時に水が入ったと考えると自然に思います。

それでも、あと10センチもありますが、海に流れ出たら、海は日本列島だけのものではないので、
世界的規模で考えた方がいいのではないかと思い、「世界情勢」というカテゴリを作ってみました。
海に流れ出たら世界中の海へとその水はいずれ流れていくでしょう。

何とかここで食い止められるといいと思います。

みんなそう思っています。
たまっている水は津波の海水の可能性をふく・たま一個人の考えと示してみました。

2011年4月18日訂正して。一応示せてよかったとします。ふく・たま
プロフィール

シティ∞

Author:シティ∞
シティ∞です。はじめまして。
2011年4月25日に、タイトルにあげた『メッセージボード』の本当の意味が分かりました。
天恵のようです。

そこで私のニックネームを慣れ親しんだ名前「シティ∞」に変更しました。以前は「ふく・たま」としていました。

これ以降変更はありません。

「シティ」という同じ名前でアメーバのブログ、ダイソーのブログmobionでも書いています。

よろしくお願いします。シティ∞←四文字にする為に記号を付けました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。